0歳

授乳中の食べ物の禁止事項|食べてよいもの悪いものとは?

赤ちゃんへの授乳中のママの食事は、食べたものによって母乳に影響が 与えられるというのはご存知ですよね。

授乳中のママの食べ物には気を使っている方も多いでしょうが、実際に気をつけなければならないポイントなど、初めての育児では特に知らないこともあると思います。

食べ物には気をつけているという方も、どんなことに気をつければ良いのか分からなければ、もしかするといいと思っていた食事方法が赤ちゃんにとっては悪影響を与えてしまう可能性もあります。

そこで今回は授乳中のママの食べ物について紹介していきます。

授乳中に食べてはいけないものってなに?

ママが食べた食事は赤ちゃんに与える母乳の質と量に関係すると言われています。

そのためママは十分な栄養を摂取する必要があります。

つまりママが食べたものはそのまま子供に栄養が与えられる、という考えをすると分かりやすいですね。

ですから、授乳中のママより母乳の質の霊にとっても良い栄養をしっかりと摂取して、母乳に悪影響を与える食べ物は避けるようにする必要があります。

ではまず授乳中に避けた方が良いとされる食べ物は何なのでしょうか。

アルコール

アルコールの摂取は赤ちゃんに悪影響を与えるとされています。

ママがアルコールを摂取することにより、母乳を通して赤ちゃんがアルコールを摂取してしまうことになります。

すると赤ちゃんの発育や脳に影響を与える可能性があります。

ご存知の方も多いと思いますが、授乳中のアルコール摂取は避けてくださいね。

カフェイン

アルコールとはまた違うものですが、コーヒーなど カフェインが含まれているものを摂取するのも母乳育児には適さないと言われています。

カフェインを摂取しすぎると夜眠れないという方もいると思いますが、母乳を通して赤ちゃんがカフェインを摂取することにより赤ちゃんも眠れなくなることがあります。

全く摂取してはいけないわけではありませんが、なるべく控えるようにしましょう。

高カロリーのもの

子育てでは疲れることもありカロリーの高いものが食べたくなってしまうこともあります。

高カロリーの食べ物を食べ過ぎてしまうと、血液がドロドロになってしまいます。

母乳は血液から作られているため、母乳もドロドロになってしまい乳腺炎になってしまう可能性があります。

辛いもの

辛味のある食べ物、辛口のカレーやキムチなどの刺激物のことです。

ママが辛い刺激物の食べ物を食べることによって、母乳が美味しくなくなってしまうと言われています。

すると赤ちゃんが母乳を飲むことを拒否してしまうようになり、赤ちゃんに十分な栄養が与えられないだけではなく、母乳を拒否することにより、乳腺が詰まりやすくなり乳腺炎にかかることがあります。

そのため唐辛子やスパイスなどがたくさん使われている料理は避けるようにしましょう。

脂肪が多く含まれているもの

主にチーズや牛乳・マーガリンなどの乳製品は、授乳している間は避けた方がいいです。

これらは高脂肪の食べ物なので、乳腺が詰まりやすくなるのです。

なぜかと言うと、高脂肪の食べ物は、母乳の分泌量を多くしてくれます。

しかし赤ちゃんが一度に 飲みきることができない量の母乳が作られてしまい、おっぱいに母乳が残ったままになってしまうからです。

ですが乳製品が体にいいということは確かなので、全く摂取しないのではなく一日に少量、牛乳はコップ一杯、小分けになった市販のヨーグルトは1日一個、など少し制限をして摂取するのは構いません。

母乳に良いとされる食べ物とは?

より赤ちゃんにとって美味しく栄養たっぷりの母乳をあげるためには、ママの食事にどんな食べ物を取り入れると良いのでしょうか。

白米

白米は母乳の主成分になります。

体のエネルギーとなる炭水化物ですが、白米を控えてしまうと炭水化物が不足してしまい、ママが低血糖になってしまう可能性があります。

毎食の食事にお茶はいっぱいの白米は食べるようにしてくださいね。

根菜類

根菜類などの野菜をより多く摂取することにより、体内の水分量が増えます。

そのため飲みやすいさらりとした母乳が作られます。

特に根菜類は、体を温めてくれる効果があります。

そして血行を良くしてくれます。

そのため授乳中の食事には積極的に根菜類を取り入れてみてくださいね。

お肉や魚

お肉や魚に含まれるタンパク質や脂質は、母乳の元となる血液が作られます。

そのため食事の中で必ず摂取したい栄養素の一つです。

できるだけ脂肪分の少ないお肉や魚を選ぶようにしてくださいね。

ささみや胸肉・牛や豚の赤身が多い肉、タイなどの白身魚かいいですよ。

水分が多いもの

授乳中は特に水分不足に気をつけなければなりません。

食事にはいっぱいの汁物を加えることで、ママの体に必要な水分が摂取することができ、体を温めてくれます。

上記にある根菜類のお味噌汁は、特に体を温めてくれますよ。

一汁三菜という言葉があるように、一度の食事で白米やお肉や魚・ 野菜などを使ったバランスの良い食事を意識してみましょう。

母乳育児とミルク育児はどちらの方が良いの?

産院では母乳育児を推奨されていることが多いですが、現代では母乳が出ていてもミルクを足す人もいれば、完全にミルクだけで育児をされている方もいます。

そんな中母乳がでないことに悩んでいる方も多いと思います。

母乳育児とミルク育児どちらがいいのか気になりますよね。

結論から言うと、母乳育児でなければいけない、ミルク育児はよくないということは全くありません。

現代では色々なメーカーから粉ミルクが販売されていますが、どのミルクも赤ちゃんに必要な栄養素が含まれており、赤ちゃんの成長にとって母乳育児と変わりがありません。

そのため、母乳が出ないことに悩む必要もないんですよ。

またミルク育児だからと、母乳が出ないの?などと聞かれてしまうこともありますが、気にする必要はありません。

それぞれの事情があって、母乳だけで育てている方もいれば、混合で育てている方もいますし、ミルクだけで育てている方もいます。

私は二人の子育てをしていますが、二人とも混合から完ミになりました。

一人目のうちは母乳が出ても赤ちゃんが飲む量が少なく、体重が減ってしまうことから飲んだ量がわかりやすいミルクを足すことにより、母乳が出なくなったからです。

そして二人目は、2歳差で生まれたためどうしても上の子のお世話でミルクに頼ることがあり、母乳をあげなければというストレスから解放させるためにミルクにしました。

ですが二人とも健康で元気に大きくなりましたよ。

一番大切なのはストレスなく育児を楽しくできるかどうかだと私は思います。

それぞれの育児環境によって、母乳の方がいい方もいれば、ミルクの方がいいという方もいるでしょう。

それぞれの授乳方法にはメリットもデメリットもあります。

どちらが赤ちゃんにとって、ママにとって良いのか、生活環境に合わせて決めればいいですよ。

まとめ

初めての育児で、母乳育児にこだわりすぎてストレスが溜まってしまうこともあります。

ストレスを感じながら授乳をするのは、ママとしても辛いものです。

母乳育児ではストレスを感じない程度に、母乳にいい食べ物や悪い食べ物を参考にしてバランスの良い食事を心がけてください。

そして、母乳の方がいい・ ミルクはよくないということはありませんので、それぞれの環境に合わせて一番ストレスなく楽しい授乳時間が過ごせる方を自信を持って選んでください。