0歳

チャイルドシートの後ろ向きはいつまで?なぜ後ろ向き?嫌がる時の対応は?

子供と一緒に車に乗る時には、子供はチャイルドシートの着用が義務付けられていますよね。

よく新生児など小さい乳児を後ろ向きで着用させているのを見ることもありますが、皆さんは後ろ向きでチャイルドシートを着用していますか?

初めのうちはチャイルドシート後ろ向きで着用しているという方も、いつから前向きにしてもいいのか、そもそもなぜ後ろ向きにする必要があるのか気になりますよね。

そこで今回はどうしてチャイルドシート後ろ向きにするのか紹介していきます。

チャイルドシートの後ろ向きはいつからいつまで?

チャイルドシートは子供とのお出かけには必要不可欠なものであり、一般的に前向きに乗せると思いますが、乳児は後ろ向きで載せる必要があります。

チャイルドシートは新生児から後ろ向きで載せるようにして、だいたい赤ちゃんの体重が10kg未満の時期までです。

赤ちゃんの成長には個人差があるので、月齢ではなく赤ちゃんの体重を目安に表示されていますが、大体一人座りができるようになる生後9ヶ月頃までになります。

チャイルドシートによっても違いがあると思いますので、具体的な数値などはそれぞれのチャイルドシートにある取扱説明書を見て必ず確認しておきましょう。

そして、取扱説明書の通りに正しく使用するようにしてくださいね。

以前私の住んでいる近所で、生後10ヶ月の子がチャイルドシートによる事故で命を落としました。

この時もどちらの車が悪いというわけではありませんが、片方の車はチャイルドシートをしっかりと使用していた、片方はチャイルドシートの正しい使い方ができていなかったことが原因と言われていました。

そのためチャイルドシートに合わせて正しい使い方をするようにしてください。

チャイルドシートを後ろ向きにするのはなぜ?

子供と一緒に車に乗る時はチャイルドシートを必ず正しい使い方で使用しなければなりませんが、新生児から大体生後9ヶ月頃までの赤ちゃんはなぜ後ろ向きにする必要があるのでしょうか。

なんとなく後ろ向きにするということだけを知っていて、後ろ向きで使っていたという方もいるかもしれませんが、しっかりと理由を知って正しい使い方をして欲しいものです。

さて、チャイルドシートを後ろ向きに乗せてしまうと、運転中は赤ちゃんの顔が見えなくて心配になると思いますよね。

なぜ後ろ向きに載せる必要があるかと言うと、事故が発生した時に赤ちゃんが受ける衝撃を最小限に抑えるためなのです。

いくら私たちが気をつけて運転していても、いつ事故に巻き込まれるかわかりませんよね。

まだ乳児期の頃は赤ちゃんの骨が固まっておらず、柔らかい体で赤ちゃんの頭を支えている状態です。

すると事故が起きた時、衝撃を受ける面積お背中や肩など広範囲になることにより、前向きに座っているよりも、赤ちゃんへの負担を減らすことができるのです。

赤ちゃんを車に乗せないということは生活をしている上で難しいことですが、いつ事故に巻き込まれても少しでも赤ちゃんへの衝撃を抑えるためには、後ろ向きに乗せることが大雪だったのです。

そして、車にはエアバックが装着されていると思いますが、チャイルドシートはエアバッグのある席で装着してはいけません。

エアバッグがある席で後ろ向きにすると、エアバッグが作動した時に大きな衝撃となってしまいます。

赤ちゃんの顔が運転席から見えにくいことも分かりますが、できるだけ後ろ向きで後部座席に取り付けるようにしましょう。

エアバッグが作動する席では前向きでの装着は許されていますが、安全性を考慮してなるべく避けるようにしたいものです。

チャイルドシートを嫌がる時の対処法は?

赤ちゃんと車でお出かけをするにはチャイルドシートは必需品ですが、チャイルドシートを嫌がる赤ちゃんもいますよね。

赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がるのは何かしら不快感や不安を感じていることがほとんどです。

赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がるからといって、チャイルドシートに乗せないということはできません。

嫌がる時は次のようなことを試してみてください。

赤ちゃんの隣に座る

できるのであればママが隣に座ってあげるようにしましょう。

後ろ向きにしていることで赤ちゃんから誰の姿も見えないものは不安になってしまうものです。

特にママの顔が見えると赤ちゃんはとっても安心します。

放っておくとこれから先チャイルドシートをもっと嫌がるようになり、車が嫌いになってしまうこともあります。

赤ちゃんに安心してもらう為にも、できるだけ赤ちゃんの横に誰かが乗って安心させてあげましょう。

音楽を流す

赤ちゃんは音楽を聴くことが大好きです。

大きくなってくるとたくさん歌を歌ったりするようにもなりますが、小さいうちからでも音楽を聴くだけで赤ちゃんは嬉しくなります。

車に乗った時は童謡をかけてあげるなどして、車の中で過ごす時間を楽しい時間と思わせてあげましょう。

このようにチャイルドシート嫌がっても、どうしても車で移動しなければいけないということもあります。

赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がるからといって、抱っこしたまま車に乗るなどしていると、少しずつ大きくなってからもチャイルドシートは好きになってくれません。

小さいうちからも、嫌がっても必ず載せるようにして、赤ちゃんにとってチャイルドシートに座って移動するのは楽しいことだと思わせてあげるようにしてくださいね。

まとめ

私も二人の子供がおり、新生児の頃は後ろ向きでチャイルドシートに座らせていました。

ですがなぜ後ろ向きにしなければいけなかったのか、当時は知りませんでしたがなんとなく後ろ向きにしなければいけないという情報だけで、後ろ向きに座らせていました。

ですが、チャイルドシートを後ろ向きに座らせる理由はしっかりとあったんですね。

車での移動は、私たちがどれだけ気をつけていても、突然事故に巻き込まれてしまうということもあります。

そんな時でも少しでも赤ちゃんに衝撃を与えないように、少しでも安全に車に乗れるように必ず後ろ向きで乗せるようにしてくださいね。

我が子もチャイルドシートを嫌がる時期もありましたが、楽しいと思わせるようにいろいろ工夫してチャイルドシートに必ず座るようにしていたので、座らなくて困るということもほとんどありませんでしたよ。

是非チャイルドシートを正しい使い方で使用し、赤ちゃんも家族もみんなで安全に車に乗ってくださいね。