0歳

新生児が手足をバタバタする原因や対策は?眠れない時の対処法は?

赤ちゃんが生まれてから、赤ちゃんとの慣れない生活に戸惑っているママも多いですよね。

そんな中新生児が手足をバタバタと元気よく動かす姿もよく見られます。

しかしあまりにも激しく 手足をバタバタしていたり、激しくてママも寝れないということがあると、どうしたのかな? と心配になるかもしれません。

私にも2人子供がいますが、下の子は新生児のうちからよく動く子だったので、上の子の時と比べても新生児ってこんなに動くものなの?と考えたものです。

さて同じように気になっている方もいると思いますので、今回は新生児の手足を激しくバタバタする原因や対策について紹介していきます。

新生児が手足をバタバタする原因ってなに?

手足を少しバタバタとさせているのは、微笑ましく見ていることができますが、あまり激しくて足をバタバタさせていると気になって寝れないこともありますよね。

新生児が手足をバタバタするのはいくつか原因が考えられます。

中枢神経が発達していない

新生児は1日のほとんどを寝て過ごしていると思いますが、生後2週間くらい経過すると、生まれたばかりの頃と比べても少しずつ起きている時間も長くなってきます。

そして手足を動かし始めるようになるのです。

ですがまだ新生児の時期は中枢神経が発達していません。

ですから新生児が手足をバタバタしているのは自分の意思ではないんですよ。

そのため足をバタバタしたり、不規則な動きをすると考えられています。

トレーニングをしている

新生児のうちから何をトレーニングするの?と思うかもしれませんが、赤ちゃんはこれから成長していく上で寝返りをするようになったり、ハイハイをしたり、つかまり立ちをするようになりますよね。

それに向けてのトレーニングとして手足を動かしている可能性があります。

手足の動かし方も赤ちゃんによって個人差があるので、あまり手足をバタバタしない子もいますし、どうしたの? というくらい激しくバタバタ動かす赤ちゃんもいるのです。

特に心配する必要はありませんので、赤ちゃんが満足するまで手足のバタバタを見守ってあげるといいですよ。

新生児が手足をバタバタが激しい時はどう対応すればいいの?

ただ手足をバタバタと動かしているだけなら心配いりませんが、手足をバタバタとしながら泣いたり寝ないという時もありますよね。

特に激しく動かしている時は機嫌が悪いということもあるものです。

このように激しくバタバタと手足を動かしながら泣いたり、何かしらママやパパに不快な状態を何とかしてほしいと伝えていることもあります。

反対に泣いたりするわけでもなく、ただ激しくバタバタと動かしているだけであれば、赤ちゃん自身が手足を動かすことに楽しさを感じているということもあります。

赤ちゃんが手足をバタバタしている状況によって対処してあげてください。

ただ手足をバタバタさせているだけ

基本的にただ赤ちゃんが激しくて足をバタバタさせているだけであれば、心配する必要はありません。

やめさせるのではなく手足を動かしてあげながら、音楽に合わせて遊んであげるなどしてもいいかもしれませんね。

赤ちゃんが満足するまで思う存分手足をバタバタとさせてあげましょう。

手足をバタバタさせながら泣いている

赤ちゃんが手足をバタバタさせているだけではなく、顔色が悪かったり泣き続けるということがあれば対処してあげましょう。

例えばオムツの汚れや空腹などであれば、新しいおもちゃに交換してあげて、お腹を満たしてあげましょう。

そして授乳後に ゲップがうまく出ずに苦しくて手足をバタバタしていることもあります。

縦抱きにしてもゲップが出ないからとそのまま寝かせるのではなく、しばらく縦抱きをしてゲップやオナラを出させてあげるように促しましょう。

どうしても出ない時は背中に丸めたタオルを挟んで、赤ちゃんの体が横向きになるようにするといいですよ。

このようにただ単に手足をバタバタと激しく動かしているだけではなく、手足をバタバタと激しく動かすことにより何かしらママやパパに気持ちを伝えようとしています。

赤ちゃんの手足のバタバタの激しさやその状況によって、ママやパパも気づいてあげて対処してくださいね。

新生児の手足バタバタがうるさくて眠れない時の対処法は?

ただ理由もなく赤ちゃんが手足をバタバタ動かして、楽しんでいるという場合、特に夜中などにそれをされるとママも眠れなくなってしまいますよね。

新生児期は授乳も頻回なので、寝不足が続いてしまいます。

赤ちゃんが手足をバタバタして眠れない時は次のようなことを試してみてください。

おひなまきにする

赤ちゃんが手足をバタバタしてなかなか寝ない時や、そのおかげでママも寝れないという時は、おくるみでおひな巻きをしてあげましょう。

おひなまきをすることで赤ちゃんは安心して眠ることができるんですよ。

赤ちゃんが落ち着く環境にする

ママも眠たいと手足のバタバタを辞めさせたくなりますが、できればそのまま見守ってあげたいものです。

手足をバタバタしすぎて興奮してしまうことがあります。

そうすると夜中などでも寝つきが悪くなってしまうこともあり、ママも一緒に起きていなければなりません。

夜中などに手足のバタバタで眠れない時は、お部屋を薄暗くしたり静かにして、赤ちゃんが落ち着く環境を整えてあげましょう。

そして気持ちが落ち着くと赤ちゃんも寝てくれるようになりますよ。

まとめ

赤ちゃんの手足のバタバタは、初めて見たときはこんなに動くもの?とびっくりすることもありますが、成長とともに手足のバタバタも見られなくなっていきます。

私も我が子の手足をバタバタ動かしている時の顔を見ながら、力強くバタバタ動かしているなと感じることができて、よく顔が面白くて眺めていることもあったくらいです。

今しか見れない赤ちゃんの特徴だと思って、赤ちゃんの不快な気持ちや不安な気持ちには答えてあげて、ただ遊んでいるときはしっかりと見守ってくださいね。

そして子育ては日々大変で、あっという間に成長していくものです。

その時その時しか見られない赤ちゃんの姿を見守って、赤ちゃんの成長楽しんでください。