0歳

新生児のお腹が張る原因や対処法は?病気の可能性はあるの?

新生児の頃はまだ、内臓も消化機能も未熟な状態なので、赤ちゃんは母乳やミルクなど口にしたものはすぐにうんちとなって出てきます。

ですが急に赤ちゃんのお腹が張っていたり、張っている原因が分からなければとても不安になってしまいますよね。

赤ちゃんのお腹が張っている場合どのようなことが考えられるのでしょうか。

今回は赤ちゃんのお腹が張る原因や対処方法について紹介していきます。

新生児のお腹が張る原因ってなに?

私たちはお腹が張ると気づくと、「便秘」を疑うことがほとんどだと思います。

では赤ちゃんがお腹が張ってしまうのもどのような原因があるのでしょうか。

便秘

腸に便が溜まってしまい排泄がうまくいっていない可能性があります。
大人と同じように赤ちゃんでも便秘になることがあるんですよ。

新生児でも便秘になることは少なくないですし、自然と解消されることも多いです。

ガスが溜まっている

新生児でもおなかの中にガスがたまってしまい、お腹が張っているのは珍しいことではないんですよ。

お腹が膨らんでいる赤ちゃんを見て慌てるお母さんもいると思いますが、赤ちゃんのお腹がまだ未発達のためにガスが溜まりやすいと考えられています。

小児科など受診すると、お腹を叩くだけで簡単にガスがたまっているかどうか判断できるそうですよ。

ゲップが出ていない

特に新生児のゲップを出すのもまだ上手ではありません。

そのためゲップが下手で溜まっていると赤ちゃんが苦しくなってしまいます。

病院によっては母乳であればゲップをしなくてもいいと言われているところもあるようですが、授乳してから1時間ほどでお腹が張っていたりぐずっているようであれば、ゲップがしたいサインだと思いましょう。

病気の可能性

お腹の張りがおさまるどころか強くなり、ミルクを飲まなくなったり吐いたり、また体重が増えていないという場合は胃軸捻転症の可能性も考えられます。

対処方法は後ほどご紹介しますが、ただお腹の張りだけでも状況によっては病気の可能性もあるということは知っておいてくださいね。

新生児のお腹が張る時の対処法は?

大人でもお腹が張っていると辛いものですよね。

お腹が張っている時の辛さお赤ちゃんも味わっていると思うと、何とかしてあげたいものです。

新生児のお腹が張っている時には次のように対処してみましょう。

便秘

お腹をのの字にマッサージしてあげたり、砂糖を加えた水を飲ませてあげることで解消することができます。

また自宅でも簡単に綿棒浣腸でお尻から刺激してあげることで、排泄を促してくれます。

便秘がひどくて小児科などを受診した場合も、浣腸してくれるなどの対応もあります。

まずはお腹のマッサージをしたりして、様子を見ましょう。

そして浣腸は癖になってしまうので、マッサージや砂糖水を与えても改善されない時に行うようにしましょう。

ガスが溜まっている

おなかの中にガスが溜まっていてお腹が張っているのであれば、沐浴をするときやオムツを交換する時に体操をしてあげましょう。

赤ちゃんの足を上げたり下げたり、自転車をこぐように足を動かしてあげると、自然とガスが出てきます。

またお腹を円を書くようにマッサージしてあげると、ガスが出やすくなります。

軽くマッサージをしてあげるだけでも十分効果がありますので、赤ちゃんのお腹が少し張っていると気づいた時には試してあげてくださいね。

ただし授乳後の運動やマッサージは、母乳やミルクを吐いてしまうことがあるので時間を開けるようにしましょう。

ゲップが出ていない

母乳でもミルクでもゲップをさせてあげる必要があります。

授乳中に飲みながら寝てしまう赤ちゃんも多いですから、授乳の合間に軽く背中をたたくなどして途中で1回ゲップをさせてあげるのもいいですよ。

途中で一度ゲップをしているだけでも、授乳後にそのまま寝てしまってもお腹が張ることが少なくなりますよ。

新生児は特にゲップが上手にできない子もいますので、少し時間をおいてからもう一度ゲップをさせるように縦抱きをして背中を優しくさすってあげましょう。

新生児がお腹が張ると病気の可能性はあるの?

長期でも紹介したようにお腹が張るのは、新生児でもよくあることですが、病気の可能性もあるということを少しお話ししました。

お腹の張り具合で次のような状態が見られる場合は病気の可能性を疑いましょう。

  • ゲップが出ない
  • お腹が張っている
  • 機嫌が悪く常に抱っこをしていなければいけない

これは新生児の中でもよくあることですが、原因でお腹が張っている可能性も考えられます。

考えられる病気は胃軸捻転症と呼ばれるものです。

基本的にはあまり心配する必要がない病気で、成長に伴って自然と治っていくものです。

ですがまれに空気で膨らんでしまった蝶が家を持ち上げて、さらにねじれをましてしまうという可能性もあります。

  • お腹の張りがひどくなった
  • ミルクや母乳の量が極端に減った
  • 体重が増えていない

上記の症状と合わせてこのような症状が見られる場合は、胃軸捻転症の悪化の可能性が考えられます。

軸捻転症でお腹が張っている時は、浣腸しておなかの中の空気を出す処置などができます。

お腹にたまっている空気ガスを全部外に出すことによって、ねじれが元に戻るので赤ちゃんは元の元気に戻っていきます。

急性的なものでなければ特別な治療が必要な病気ではありませんが、胃軸捻転症の疑いがある場合は、小児科などを受診して適切な指示をもらいましょう。

こうすることで赤ちゃんも苦しさから早く解放させてあげることができますし、ママも安心して赤ちゃんと過ごすことができます。

まとめ

新生児のお腹の張りは、ほとんどの場合がまだ体が未発達なことが原因となっています。

特別深く心配する必要もありませんが、新生児にとってもお腹が張ってしまうのは辛いものですよね。

また胃軸捻転症のような病気の可能性もあるので、できるだけお腹の張りは対処してあげたいものです。

色々な対処方法を試しても長く張りが続いたり、頻繁に張ることがあれば一度小児科を受診してもいいですね。

そうすることで赤ちゃんもしんどくなくなりますし、ママも安心して過ごすことができます。

少しでも気になる場合は早めに小児科を受診して、安心して赤ちゃんと生活してくださいね。